Return to site

「予告編について」

『情操家族』で助監督を務めました大杉拓真です。
撮影での裏話や苦労話など、ここで書きたいことはたくさんあったのですが、ちょうど現在制作中である本作品の予告編の話をしようと思います。

撮影終了後、監督から90秒版の予告編作りを任されました。(30秒版は編集助手の方が作成してます。)
私自身、映画の予告編を作るというのが初めてでしたが、監督に助言をもらいながらなんとか進めています。
予告編を作るに当たり何度も本編を見てきたのですが、個人的に一番印象に残るのは、やはり登場人物のなんとも言えない複雑な感情を抱えた表情だなと感じました。
家族や仕事での立場が複雑に絡まってしまった登場人物たちの一人ひとりは、どこか不器用に見えながらも、それぞれに曲げたくない信条があったりする。そんな中で現れる顔たちは、とても魅力的なものに思えました。
予告編では、そういう個人的にグッときたカットを繋いで構成しています。

見た方が、本編を観たくなるように心がくすぐられるように誠意を込めて作りました。
近日中には公開できると思いますので、是非一度ご覧ください!!!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly