Return to site

「信じること」

撮影部 松島翔平

撮影助手の松島です。

本作『情操家族』は、信じる映画かなと思います。
登場人物はみな常軌を逸しているんだけれど、自分の信念には大変真っ直ぐに生きている。
この信念は、一体どんな根拠に基づいているのかなかなか理解しがたいのであるが、とにかくなにかを信じて、前を向いて生きている。
リアリティとは程遠い人物造形にもかかわらず、彼らのその実直な姿勢が確かな映画的な世界を確立している。
監督の竹林が、この現実的でない登場人物たちを信じたからこそ、本作は大変強度のある作品に仕上がったように思う。

クランクアップしてからずっと完成が楽しみな作品でした。
ひとりでも多くの方に見ていただけると嬉しいです。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly